神奈川県藤沢市のトゥルーライフで建てるC値1.0以下、Q値1.5ぐらいの高品質注文住宅

2000万円で理想の家を建てる

税金

税金~ふるさと納税に注意~

投稿日:

さぁ、12月になり、今年もあとわずかになりました。

クリスマスは副業のピークでもあるので頑張ります。

仮面ライダー新作映画は初日に見てきました、副業絡みでもあるので。

仮面ライダー系は訳あって取引無くなるので今年いっぱいで終了かな。

 

税金はいくら安くなる?

我が家は今年家を購入なので今年から住宅ローン控除の対象になります。

借入額は4000万を超えているので1%の限度額40万円が減税となります。

基本的には所得税から控除されますが、控除額が残っていた場合、住民税からも控除することが可能です。

平成26年から平成31年6月30日に居住した場合は「前年分の所得税の課税総所得金額等の7%(136,500円を限度)」との記載があります。

課税総所得が200万円以上あれば限度額まで引いてくれるのかな?

給料貰っている方は源泉徴収表の「給与所得控除後の金額」が課税総所得ですね。

確定申告している人は所得金額の合計ですね。

私の場合、所得税が40万円もいかないので住民税も限度額まで控除されそうですね。

今年は住宅ローン控除があるため、専従者給与(妻への給与)を0にし、配偶者控除を復活させました。

そして今まで経費にしていた賃貸費用も無くなるので去年と比べて+100万以上年収が上がっています(笑)

 

住宅ローン控除とふるさと納税

住宅ローン控除とふるさと納税は併用可能です。

ここで問題。

住宅ローン控除で住民税が136,500円引かれますが、その後の住民税がどれぐらい残るのか不明。

正確には最初にふるさと納税分が計算されて、その後、住宅ローン控除が計算されるようですね。

これによって自己負担額2000円を超えてしまう可能性があるようですね。

難しい話になりそうなので詳しいことは何かの機会を見つけて税理士さんとかに相談したほうが良いかもしれません。

ググっても色々と出てくるので調べてみてください。

私の顧問税理士さん(TKC所属)、節税関連が弱いのかあまり役に立たない、、、

つい先日隔月恒例の面談をしたので質問したのですが、微妙な回答でした。。。

-税金

Copyright© 2000万円で理想の家を建てる , 2018 All Rights Reserved.