神奈川県藤沢市のトゥルーライフで建てるC値1.0以下、Q値1.5ぐらいの高品質注文住宅

2000万円で理想の家を建てる

土地

決・済・完・了

投稿日:

昨日やっと土地の決済が完了しました。
今回は売主さんの口座がある三井住友銀行で行われました。

土地決済の流れ

1.司法書士さんらが書類等確認し問題ないことを確認:5分
今回、移転登記は売主さん指定、仮登記は楽天銀行指定ですので二人の司法書士さんに来て頂きました。
複数枚の書類に住所と名前、判子を押して完了です。

2.融資実行:10分
楽天銀行側の司法書士さんが楽天銀行に電話をして融資の実行をしてもらいます。
今回は実行の電話から5分後ぐらいには私の口座で振り込まれていました。
月末などは銀行が忙しく、融資実行するまで1時間程度かかることもあるようですので、会社勤めの人は半日休ではなく全休にしたほうが良いですね。

3.売主さんの口座へ振り込み:5分
楽天銀行の場合は個人で振込みを行う必要があります。
元々は携帯(スマートフォン)で行う予定でしたが、振込み履歴等のキャプチャ画像が欲しいとのことでしたので、念の為持っていったノートPCで決済、キャプチャ、メールで送付となりました。
自分側も領収書代わり、今後土地を売るときに必要になるとかで印刷しておいたほうが良いとのことです。
あと振り込み限度額を変更しておかないと振り込めないので注意が必要です。
楽天銀行では1000万を超える変更は即時反映されないので前もって変更しておく必要があります。

4.売主さん確認:30分
本当に振り込まれているかの確認です。
楽天銀行→三井住友銀行に振り込みましたが、30分程度かかっていました。
同行だと早いようですが、他行だとこれぐらいかかるとのこと。
まぁ、ここで色々な世間話です。
隣の人は30代で今年一人目の子供が生まれたばかりとか、こっちのお隣はここを駐車場にするので境界柵を立てないで貰いたい(強制力無)といっていた等々...
あと最近また土地の値段が上がってきていて、安いある建売業者の一戸建てでも5000万超えるとか。

5.司法書士さんへの支払い:5分
司法書士さんらへ報酬及び免許税の支払いを行います。
その場で振込みでも良かったようですが、現金を持っていったので現金で支払いました。
振込みだと確認まで時間がかかったりするかもしれないので、時間が無い方は現金のほうが良いかもしれませんね。

6.解散:5分
特に問題がなければそのまま解散です。
今回売主が開発業者ということもあるのか、何事もなくスムーズに進みましたので1時間ぐらいで終わりました。
一番時間がかかったのは売主さん確認ですね。

次はあまり記事にすることが無いですが、建築位置確認です。

-土地

Copyright© 2000万円で理想の家を建てる , 2018 All Rights Reserved.